2016年03月20日

PJB EarBoxを使ってみました!

まだ開発段階なのですがとても気になっていたので
先取りして使えるなんてとてもラッキー!!
早速届いたその日のライブに持って行ってみました。

場所は小さな箱で、ドラムレス、僕の楽器も開発途中の
Grand Boardというレアな状況でしたが、タッピング楽器
という繊細な楽器だからこそ色々わかるだろうということで
早速一つを自分の前のテーブルに置いてGrand Boardのアンプ
のスピーカー・アウトと接続。そしてもう一つのスピーカーは
PAからヴォーカルなどを送って自分の横に設置。

とりあえず楽器を鳴らしてみてまずびっくり!
アンプから出ている音よりも大きな音がしている
ような気がするくらいの音量でクリアになっていて
ヘッドフォンでの演奏を思わせてくれます。
このEarBoxはある音域以外を徹底的にカットしている
らしく、ベース・アンプのようなローは出ませんが、
代わりに演奏のタッチや音色や音量の変化など、
まるで録音スタジオのようにモニター出来ます!!
楽器をつないでいるアンプの方ではしっかりローを出し、
その音が聞いてる人に届くというある意味理想の状況!!

ヴォーカル・モニターとして使った方も音色が
クリアかつナチュラルで相当歌いやすかったです。
今の所、EarBox のインプットがスピコンだけなのですが
,フォンにも対応してくれると相当便利になりそうです。
そして電源いらずで使えるのはとても楽で良いので、
そのままでヴォリュームを調節できるようになれば
かなり色々なニーズに応えられるんじゃないでしょうか。

二つ持っても苦にならないほど軽く大きさも
持ち運ぶのが面倒にならないほどコンパクトなので、
これから色々な状況でのライブが続くので、その都度
持って行って試そうと思ってます。
1467283_1025052934235502_9128984231439242360_n.jpg

posted by shinjibass at 18:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

マール・ハガードの自伝を読み終えました!

これもiPadとOCRのコンビネーションのおかげです。
それにしてもこの最高に面白い自伝、日本語になって
出版される日は来るのでしょうか?

数年前に僕の奥さんが翻訳してくれたジョニー・キャッシュの
自伝もかなり面白いのですが、今のところ主だった動きもなく、
出版できるかどうかもわからない状態。そんな中、
しょうもないロック系の人やスタジオ・ミュージシャンのばかり
が出てるような(笑)。

マールの自伝の内容は、ネタバレになってしまいますが、
とにかく20代半ばまで監獄生活を続けていただけあって
破天荒というか、脚本家も思いつかないようなハチャメチャぶり。

そして自伝に書いておきながら、自分の子供には知られたく
無いことばかりだそうです(笑)。

読むのに時間がかかったので、記憶があやふやなところがありますが、
マールがレフティ・フリーゼルに憧れ始めた頃、彼の住むオクラホマの田舎に
キャデラックを発見します。それを見つけたマールが中にレフティ
が乗っていると決めつけ、それを追いかけるために、他人の車を
こっそり借りて(笑)、追いかけるものの、見逃してしまい、その先で
警察に見つかってしまいます。

本人曰く返すつもりだったとのことですが、途中で見つかったので
窃盗ということになり、十代半ばで人生初の監獄暮らしが始まります。

当時のアメリカの田舎は家に鍵もかけることが無いほどのどかで、
当然車もキーがささりっぱなしが普通だったそうです。
とにかく捕まったマールですが、そんな時からランブリン・フィーバー
がおさまらずすぐに脱獄しフュジティヴ(逃亡者)になります。

当然数ヶ月の内に捕まる→投獄→脱獄を繰り返し、最終的には
終身刑の人ばかりの、日本でいう網走刑務所のような過酷な
監獄に入れられます。しかし、そこで出会った友達との話から
Sing Me Back Home が生まれます。そして、その刑務所で
ジョニー・キャッシュのライブを見たり、脱獄した人が
ことごく捕まり、逃げ続けることの愚かさに気づいたり。

転んでもただでは起きません。そんなマールの音楽は、
家出や投獄を繰り返す自分をなんとか守ろうと頑張ってくれた母にあてた
Mama Triedなど、とにかく彼の人生そのもの。

しかも尊敬するレフティの伝統を守り、歌のヒントをくれた
人物がはっきりしてる歌の印税はその歌の主人公に送っている
そうです!!!!

これ以上書くと、この本を読む楽しみが薄れるのでこの辺に
しておきますが、監獄暮らしのマールのとんでもない行動の
数々、成功してからの無茶苦茶ぶり、彼の書く歌詞と何も
変わらない率直で独特な切り口。どれをとっても音楽が
好きな人間にとってはマスターピースになるだろうと思います。
皆さんも読んでみてください!






posted by shinjibass at 02:18| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

大人の嗜み 〜その8〜

音楽においても社会においても、
自分がいる役職や立場の役割を知ることで、
何をすべきか?何が必要か?がわかってくる。

個人的な経験で言えば、上京して間もない時に
音楽だけでは到底やっていけない状態だったので
あちこちアルバイトで雇ってもらっていましたが、
そんなバイトの職場でも、自分は音楽をやるために
上京した感をおそらく出しまくっていて、仕事を
頑張る気持ちがゼロに等しい状態だったと思われ、
当時は周りの人にものすごい不快な気持ちをさせただろうし、
そんな時の自分の演奏や周りが感じる自分の雰囲気は
決して良いものではなかったでしょう。

どんなに好きな業種にいても、本当に好きなことを
ずっとやってられる訳では無いし、本当に嫌ならば
やらなければ良い。引き受けておいて文句を言うのが
一番自分の魂に良く無い行動かもしれない。

ベースを持っているのにコードを沢山弾いたり、
ヴォーカルなのにドラムの真似をしたり。
悪いことでは無いし、使いようによっては面白いけど、
極めれば極めるほど本質から遠ざかる気がする。

コードやメロディーを弾くなら別の楽器を持つ方が良いのでは?
打楽器を練習した方が結果として望むサウンドが出せるのでは?
敢えて薔薇の道を進む本当の理由は?

僕自身は、ヴォーカルのいるバンドでベースを弾く時はあくまで
ベースの役割を自分なりに全うしようとしているし、
とりあえず関わる音楽は全部好きな音楽だと思うようにしている。
それが無理な場合は次からフェードアウトな感じで。
そして好きになれる音楽であればこそ、覚えて演奏したい!

もちろんスケジュール的に無理な場合もあるけれど、
それをすることで、とりあえず自分は凄く幸せだし、音楽の
構造やアレンジ等も頭に入るし、何より耳以外に目もフル活用
できるので、一緒に演奏してる人やお客さんの様子を見ながら
演奏出来ちゃうんですね。

僕が見てきた格好いいミュージシャンの譜面見てる率はかなり
低いので、出来るだけ覚えて演奏したいんです。好きな音楽
なんですから当たり前なんだけど。
ベースに関してはちょっと普通からすると知りすぎた感があるので、
たまーにベースをはみ出ますが、個人的には許せる範囲だったりします(笑)。








posted by shinjibass at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事