2016年07月11日

瀬川信二の『これを聴け!』私的アウトロー・カントリーの 名盤紹介 V0l.01

初回ということで、できるだけ入り口、アウトロー・カントリーへの導入として、
判りやすいアルバムを選ぼうという考えが一瞬頭をよぎったものの、
政治も選挙も、もちろん音楽も、あらゆる分野において『わかりやすさ』は、
誤解を多く伴う危険性が高いので、
『僕にとって素晴らしいアルバム』を紹介することにしましょう。

タイトルに『私的』と書いたものの、僕の『私的』はアウトローの魂の根本を理解した上での『私的』なので、大いに信用してもらって問題ないと自負しています。

今回は、とにかく『絶対に外せない』4枚に絞ってみました:

"At Folsom Prison" Johnny Cash
"Red Headed Stranger" Willie Nelson
"Wanted! The Outlaws" Waylon Jennings, Willie Nelson, Jessi Colter, Tompall Glaser
"Jesus Was a Capricorn" Kris Kristofferson

この4枚を知っていたら日本の政治ももっと変わるはずです!

まずは『At Folsom Prison 』。ジョニー・キャッシュの復帰作はかなり大胆な刑務所での慰問のライブ録音だったのです。所属するレコード会社の賛同を得られず、自費で録音を敢行!!結果、その年のアメリカでのレコード・セールスで、ビートルズの『アビーロード』を上回るほど。売り上げはどうでも良いとしても、囚人には囚人になる原因があって、それを作ってるのは社会である。犯した罪は償わなくてはならないけど、人間とし扱われる権利はあるはずだ!そんな声が聞こえてくるようなアルバムです。ロック・ファンには、カール・パーキンスの素晴らしいギターを楽しめたりもします。詳細は映画『ウォーク・ザ・ライン』か、ジョニー・キャッシュの『At Folsom Prison』のボックスセットについてくるDVDで!

そして僕が敬愛するウィリー・ネルソンの、『Red Headed Stranger』!シンプルな構成。自由で大胆な演奏。オーバー・プロデュースによる血の通わない音楽への決別。何よりも素晴らしいのは、コンセプト・アルバムとして、ある牧師の人生を語るのに、自身のオリジナルだけではなく、沢山の古いカバー曲を演奏し、同じ歌詞でも前後関係によって、全く違う意味を持たせることができることを証明し、先輩ミュージシャンへのスマートな恩返しを提案しました。このアルバムは何故だか一人でゆっくり聞きたくなります。

アウトロー・ムーブメントを軌道に乗せたアルバムは、間違いなく
『Wanted! The Outlaws』でしょう。このころカントリー界でしか活動出来ていなかったウェイロン・ジェニングス、その親友でピンボール友達だったトンパル・グレイザー、のちにウェイロンに欠かせないパートナーになるウィリー・ネルソン、そして、ウェイロンの奥さんであり、すでにポップ・チャートも賑わせていた、アウトローの『ファースト・レディー』、ジェシー・コルター。関係性を見てもわかる通り、ウェイロンを「どうにかしてあげたい」友達が集まって、本当に「どうにかしてしまった」アルバムなんです!このアルバムの成功以降、ウェイロンがアウトローの核として活動範囲をどんどん広げていくようになります。

そして、日本で一番過小評価されているかもしれない、クリス・クリストファーソンの『Jesus Was a Capricorn』です。アルバムを通してダークでデカダンな雰囲気が充満しているので、ただでさえアウトローなのに、その中できっと最もアウトローな、カントリー音楽です。歌いあげるわけでもなく、派手な音源が入っているわけでもないのでパッと聴いただけでは日本人にはわかり辛いかもですが、注意深く耳を傾けて、歌詞が持つ意味に思いを巡らせてみると鳥肌が立つでしょう。歌詞が直接的に入ってこない日本人にとって、このアルバムがどうしてカントリーチャートの1位になったか考えてみるのも楽しみの一つです。当然ですが演奏の質の高さも聴きどころです!
posted by shinjibass at 02:10| Comment(0) | アルバムレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

PJB EarBoxを使ってみました!

まだ開発段階なのですがとても気になっていたので
先取りして使えるなんてとてもラッキー!!
早速届いたその日のライブに持って行ってみました。

場所は小さな箱で、ドラムレス、僕の楽器も開発途中の
Grand Boardというレアな状況でしたが、タッピング楽器
という繊細な楽器だからこそ色々わかるだろうということで
早速一つを自分の前のテーブルに置いてGrand Boardのアンプ
のスピーカー・アウトと接続。そしてもう一つのスピーカーは
PAからヴォーカルなどを送って自分の横に設置。

とりあえず楽器を鳴らしてみてまずびっくり!
アンプから出ている音よりも大きな音がしている
ような気がするくらいの音量でクリアになっていて
ヘッドフォンでの演奏を思わせてくれます。
このEarBoxはある音域以外を徹底的にカットしている
らしく、ベース・アンプのようなローは出ませんが、
代わりに演奏のタッチや音色や音量の変化など、
まるで録音スタジオのようにモニター出来ます!!
楽器をつないでいるアンプの方ではしっかりローを出し、
その音が聞いてる人に届くというある意味理想の状況!!

ヴォーカル・モニターとして使った方も音色が
クリアかつナチュラルで相当歌いやすかったです。
今の所、EarBox のインプットがスピコンだけなのですが
,フォンにも対応してくれると相当便利になりそうです。
そして電源いらずで使えるのはとても楽で良いので、
そのままでヴォリュームを調節できるようになれば
かなり色々なニーズに応えられるんじゃないでしょうか。

二つ持っても苦にならないほど軽く大きさも
持ち運ぶのが面倒にならないほどコンパクトなので、
これから色々な状況でのライブが続くので、その都度
持って行って試そうと思ってます。
1467283_1025052934235502_9128984231439242360_n.jpg

posted by shinjibass at 18:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

マール・ハガードの自伝を読み終えました!

これもiPadとOCRのコンビネーションのおかげです。
それにしてもこの最高に面白い自伝、日本語になって
出版される日は来るのでしょうか?

数年前に僕の奥さんが翻訳してくれたジョニー・キャッシュの
自伝もかなり面白いのですが、今のところ主だった動きもなく、
出版できるかどうかもわからない状態。そんな中、
しょうもないロック系の人やスタジオ・ミュージシャンのばかり
が出てるような(笑)。

マールの自伝の内容は、ネタバレになってしまいますが、
とにかく20代半ばまで監獄生活を続けていただけあって
破天荒というか、脚本家も思いつかないようなハチャメチャぶり。

そして自伝に書いておきながら、自分の子供には知られたく
無いことばかりだそうです(笑)。

読むのに時間がかかったので、記憶があやふやなところがありますが、
マールがレフティ・フリーゼルに憧れ始めた頃、彼の住むオクラホマの田舎に
キャデラックを発見します。それを見つけたマールが中にレフティ
が乗っていると決めつけ、それを追いかけるために、他人の車を
こっそり借りて(笑)、追いかけるものの、見逃してしまい、その先で
警察に見つかってしまいます。

本人曰く返すつもりだったとのことですが、途中で見つかったので
窃盗ということになり、十代半ばで人生初の監獄暮らしが始まります。

当時のアメリカの田舎は家に鍵もかけることが無いほどのどかで、
当然車もキーがささりっぱなしが普通だったそうです。
とにかく捕まったマールですが、そんな時からランブリン・フィーバー
がおさまらずすぐに脱獄しフュジティヴ(逃亡者)になります。

当然数ヶ月の内に捕まる→投獄→脱獄を繰り返し、最終的には
終身刑の人ばかりの、日本でいう網走刑務所のような過酷な
監獄に入れられます。しかし、そこで出会った友達との話から
Sing Me Back Home が生まれます。そして、その刑務所で
ジョニー・キャッシュのライブを見たり、脱獄した人が
ことごく捕まり、逃げ続けることの愚かさに気づいたり。

転んでもただでは起きません。そんなマールの音楽は、
家出や投獄を繰り返す自分をなんとか守ろうと頑張ってくれた母にあてた
Mama Triedなど、とにかく彼の人生そのもの。

しかも尊敬するレフティの伝統を守り、歌のヒントをくれた
人物がはっきりしてる歌の印税はその歌の主人公に送っている
そうです!!!!

これ以上書くと、この本を読む楽しみが薄れるのでこの辺に
しておきますが、監獄暮らしのマールのとんでもない行動の
数々、成功してからの無茶苦茶ぶり、彼の書く歌詞と何も
変わらない率直で独特な切り口。どれをとっても音楽が
好きな人間にとってはマスターピースになるだろうと思います。
皆さんも読んでみてください!






posted by shinjibass at 02:18| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事