2018年11月16日

一事が万事。

2018年の10月の後半、念願のアメリカツアーを経て、ライブや
レコーディングもしつつ、ルート66を西から東へ進む旅を終え、11月。

今のアメリカの良い所、悪い所、自分なりに見たものと、実際とのズレに気づき、
フロイドを通じて知り合えたミュージシャンの
レベルの高さに驚き、それに無理なく溶け込めた僕と文が今までやってきた
こと、音楽や言葉に対する努力が間違っていなかったことを確認できたのは
大きな収穫でした。決して『お客さん』になることがなく、仲間として彼らと音楽を
創ることが出来たのは、日々の努力の賜物。

ミュージシャンになろうと決めた時から、日本でどうのこうのは考えず、世界標準
だけは超えたいと思っていた自分にとって、世界屈指のミュージシャンが集う
ナッシュビルでのレコーディングにすんなり対応できたのは、皆さんが想像する以上の
喜びを感じながらの作業で、いつも通りの雰囲気を出すことで精一杯でした。

エンジニアを含めた全員が音楽を理解しながらの演奏というのはこういうことか、
震えるほどの喜びを感じたこの経験はおそらく日本では再現不可能に近いでしょう。

そんな喜びの裏で、ナッシュビルの観光化、ビジネス色の行き過ぎによる音楽家の
レベルの低下、それによるリスナーのレベルの低下など悪いところもたっぷりと
目の当たりにして来ました。

正直さが特徴だったカントリー音楽からどんどん正直さが失われ、テンプレートの嵐。
「こうやったらカントリーぽいでしょ?」的なフレーズ、音色の乱用。どこにも魂は無い。
それでも景気の良さからか、腕のいいミュージシャンがいるのがナッシュビルの良い所。

名前につられて『お客さん』感覚でアメリカへ行く人達は、大枚をはたいて録音するような素晴らしい
スタジオも、中に入れば拍子抜けするほどの低下価格。
そりゃあそうですよね、日本でもミュージシャン同士の繋がりで
スタジオやミュージシャンを安く雇えますから。
お世話になった皆様!今後もよろしくね!

とにかく、世の中スピードアップしすぎてディテールとかどんどんどうでも良くなっている
みたいで、アホでもわかるカントリー、アホでも楽しめるジャズ、みたいにやらないと
まずは話題にもならない。恥ずかしいような演出をしないと気づいてくれない。

で、映画ボヘミアン・ラプソディー。
イギリスなどのまともなメディアはしっかり酷評してくれたらしいですが、
とにかく時系列がむちゃくちゃすぎて話にならない。
状況が違えば同じセリフでも意味が変わるくらいはわかりますよね?

それでも、そんなのどうでもいい。映画は脚色当たり前、感動したから嘘でも良いなど
そんな意見の多いこと多いこと。しまいにはクイーンはそもそも評論家受け悪かったけど
最終的にビッグになった。この映画も一緒みたいな😭

そこまで言われるとつける薬がありません。自分に置き換えてみて!
自分の最愛の人をすり替えられたら?
連帯責任をいつの間にか自分のせいだけにされたら?しかも死後。
駆け出しの大変だった頃がなかったことにされてたら?
それでも他人が楽し埋めれば良いですか?

しかも、劇中の歌に関してものすごい違和感を感じました。
僕の感覚的には、ピュアなフレディーの歌は2割あったかな?って感じです。
あとは加工なのかものまね君なのか。主演の彼が頑張るならまだわかるけど
あのごまかし感は僕の一番嫌いなパターン。

歌い回しとか、癖とかのわかりやすいところを必要以上にモノマネする感じは
心底頭にきたとしか言いようがないです。もちろんフレディーの歌を全ステージ
聞いたわけじゃないし、そういう録音もある可能性もゼロではないですが、
絶対ないと言い切れる雑さ。おそらく物真似君と混ぜつつ加工しつつだろうと思います。

なのでそれほど聞き込んでない人が気がつかないのも仕方ないし、むしろデフォルメ
なので『よりフレディーっぽい!』と思った人もいるかもですが、あれは0点です。

今やアメリカでもブランソンというモノマネの街が栄えてるので、
世の中的には面倒なアーティストよりも、過去の物真似をするミュージシャンの方が
人気が出る時代なんでしょう。日本ももうすぐそうなりそうですね。

クラシック音楽が死に絶えた道を順調にたどっているわけです。
皆さんに問いたい。本当にそれで良いんですか?
政府が嘘をついてもそんなもんだと我慢し続けるんですか?
結果偽物ばかりあてがわれても後悔しないんですか?
簡単に楽しめたら、今が良ければそれで良いんですか?

とりあえず僕には迎合は無理なので、どんなに損しようがこのまま進みます。
スーパースター、大金持ち、政治家、マスコミは信じません。
そういう時代は終わりました。もしかしたらなかったのかもですが、
音楽は素晴らしい。文化、芸術は素晴らしい。

posted by shinjibass at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

今年最初の機材の見直しはこんなところから。

ひょんなきっかけで使ってみたらしっくりきてる
のは、『Richter』ストラップなんです。
ベースを始めてから色々探し続けて、たどり着いたのは
結局良質の革のストラップでした。使い込むことで
フィット感も増すし、丈夫で見た目も良い。
とあるブランドのストラップで満足していたのですが、
考えてみれば、その革のストラップの場合、長さの調整に
苦労することが多く、色々工夫して使っていました。
かといって、質感や、見た目の問題で便利な他の素材に手をだす
気にもならなかったのですが、そんな不満を全て解消してくれます。
個人的に言えば、ストラップの長さを調節する方を一番短くする
ようにしながら、エンドピンに一番外側の穴を通した状態が今の
ベストポジションに。DSC_0023.JPG

革の質も最初から使い込んだ時に近い感覚で
楽器のフィット感がちょうどよく、ストラップ自体も軽いせいか
楽器が軽くなったように感じます。
後でその他のラインナップを見たところ、デザインや材質の
バリエーションも豊富なので、楽器や演奏スタイルにぴったりな
ストラップが必ず見つかることでしょう。
IMG_1859.JPGDSC_0009.JPG17264480_310139579401955_7939436706772290180_n.jpg

Richter(リヒター)のBeaver's Tail Croco(ビーバーズテイルクロコ)
9cm幅、長さ87-125cm、裏地マイクロファイバー、定価22,000円+税
http://www.otf-bass.com/beaver.html
posted by shinjibass at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

今年最後の新兵器導入!SMOOTH HOUND the Classic Wireless Guitar System

今年も色んな楽器や機材を見たり導入したりして来ましたが、
最後に大ヒットが登場しました。
超簡単かつ、高音質のワイヤレスシステムです!!
個人的にはワイヤレスな状況にはほとんど縁が無かったのですが、
スタジアムで走り回るイメージ?
個人的にはブライアン・メイのように、自分の好きなケーブルを
無理やり使うような感じが好きだったのです(涙)。とにかく、
ここまで簡単で音も良しとなると話が違います。
メリットが多すぎて書ききれませんが、
・送信機が軽く小さいので、楽器に付けっ放しで気にならない。
・送信機の電源を切る時にノイズがでない。
・実はケーブルが気になるのは狭めなスペースなので、見た目すっきり。
・家での練習などで、ケーブルに引っかかって何かを倒すなどの事故が防げる
・受信機も携帯電話くらいなので、長めのケーブルよりも持ち運びが楽に。
・眉唾が多いケーブルの世界を気にしなくて済むようになる。
・思っているよりケーブルがフォームに影響を与えている。
などなど。

今の所存在するデメリットとしては
・送信機の電源を入れると、ボンッという音が出てしまう。(大きめの会場の時に
どれくらい影響があるかは追ってお知らせします。)
・送信機に使う単四電池の寿命が15時間。
・ここで絶賛している本人が、まだそれほどたくさんの場所で使った
わけでは無いので、未知数な点が多い。
(とは言っても、イギリスの友人のミュージシャンは既にあちこちで使用して
とりあえずライブ時にケーブルは2度と使わないと決めたようです。)
・日本での発売や値段が決まっていない。(そのうちなんとかします。)

大好きなケーブルでも、場所によって長さのバリエーションが必要になりますが
このワイヤレスなら、至近距離から野外では60メートル!!まで使えるそうです!
その他メーカーの同価格帯のものと比べての利点は使いやすさと軽さ、音質の良さでしょう。
おそらく日本円で3万円を切るか切らないかの値段になりそうですが、
これは本当に素晴らしいです!
https://www.facebook.com/SmoothHoundInnovations/
15722865_10209037343070602_534315550_n.jpg15749853_10209037343110603_1621169184_n.jpg15731558_10209037343590615_2105206577_n.jpg
posted by shinjibass at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事