2017年04月23日

今年最初の機材の見直しはこんなところから。

ひょんなきっかけで使ってみたらしっくりきてる
のは、『Richter』ストラップなんです。
ベースを始めてから色々探し続けて、たどり着いたのは
結局良質の革のストラップでした。使い込むことで
フィット感も増すし、丈夫で見た目も良い。
とあるブランドのストラップで満足していたのですが、
考えてみれば、その革のストラップの場合、長さの調整に
苦労することが多く、色々工夫して使っていました。
かといって、質感や、見た目の問題で便利な他の素材に手をだす
気にもならなかったのですが、そんな不満を全て解消してくれます。
個人的に言えば、ストラップの長さを調節する方を一番短くする
ようにしながら、エンドピンに一番外側の穴を通した状態が今の
ベストポジションに。DSC_0023.JPG

革の質も最初から使い込んだ時に近い感覚で
楽器のフィット感がちょうどよく、ストラップ自体も軽いせいか
楽器が軽くなったように感じます。
後でその他のラインナップを見たところ、デザインや材質の
バリエーションも豊富なので、楽器や演奏スタイルにぴったりな
ストラップが必ず見つかることでしょう。
IMG_1859.JPGDSC_0009.JPG17264480_310139579401955_7939436706772290180_n.jpg

Richter(リヒター)のBeaver's Tail Croco(ビーバーズテイルクロコ)
9cm幅、長さ87-125cm、裏地マイクロファイバー、定価22,000円+税
http://www.otf-bass.com/beaver.html
posted by shinjibass at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

今年最後の新兵器導入!SMOOTH HOUND the Classic Wireless Guitar System

今年も色んな楽器や機材を見たり導入したりして来ましたが、
最後に大ヒットが登場しました。
超簡単かつ、高音質のワイヤレスシステムです!!
個人的にはワイヤレスな状況にはほとんど縁が無かったのですが、
スタジアムで走り回るイメージ?
個人的にはブライアン・メイのように、自分の好きなケーブルを
無理やり使うような感じが好きだったのです(涙)。とにかく、
ここまで簡単で音も良しとなると話が違います。
メリットが多すぎて書ききれませんが、
・送信機が軽く小さいので、楽器に付けっ放しで気にならない。
・送信機の電源を切る時にノイズがでない。
・実はケーブルが気になるのは狭めなスペースなので、見た目すっきり。
・家での練習などで、ケーブルに引っかかって何かを倒すなどの事故が防げる
・受信機も携帯電話くらいなので、長めのケーブルよりも持ち運びが楽に。
・眉唾が多いケーブルの世界を気にしなくて済むようになる。
・思っているよりケーブルがフォームに影響を与えている。
などなど。

今の所存在するデメリットとしては
・送信機の電源を入れると、ボンッという音が出てしまう。(大きめの会場の時に
どれくらい影響があるかは追ってお知らせします。)
・送信機に使う単四電池の寿命が15時間。
・ここで絶賛している本人が、まだそれほどたくさんの場所で使った
わけでは無いので、未知数な点が多い。
(とは言っても、イギリスの友人のミュージシャンは既にあちこちで使用して
とりあえずライブ時にケーブルは2度と使わないと決めたようです。)
・日本での発売や値段が決まっていない。(そのうちなんとかします。)

大好きなケーブルでも、場所によって長さのバリエーションが必要になりますが
このワイヤレスなら、至近距離から野外では60メートル!!まで使えるそうです!
その他メーカーの同価格帯のものと比べての利点は使いやすさと軽さ、音質の良さでしょう。
おそらく日本円で3万円を切るか切らないかの値段になりそうですが、
これは本当に素晴らしいです!
https://www.facebook.com/SmoothHoundInnovations/
15722865_10209037343070602_534315550_n.jpg15749853_10209037343110603_1621169184_n.jpg15731558_10209037343590615_2105206577_n.jpg
posted by shinjibass at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

大人の嗜み 〜その8〜

音楽においても社会においても、
自分がいる役職や立場の役割を知ることで、
何をすべきか?何が必要か?がわかってくる。

個人的な経験で言えば、上京して間もない時に
音楽だけでは到底やっていけない状態だったので
あちこちアルバイトで雇ってもらっていましたが、
そんなバイトの職場でも、自分は音楽をやるために
上京した感をおそらく出しまくっていて、仕事を
頑張る気持ちがゼロに等しい状態だったと思われ、
当時は周りの人にものすごい不快な気持ちをさせただろうし、
そんな時の自分の演奏や周りが感じる自分の雰囲気は
決して良いものではなかったでしょう。

どんなに好きな業種にいても、本当に好きなことを
ずっとやってられる訳では無いし、本当に嫌ならば
やらなければ良い。引き受けておいて文句を言うのが
一番自分の魂に良く無い行動かもしれない。

ベースを持っているのにコードを沢山弾いたり、
ヴォーカルなのにドラムの真似をしたり。
悪いことでは無いし、使いようによっては面白いけど、
極めれば極めるほど本質から遠ざかる気がする。

コードやメロディーを弾くなら別の楽器を持つ方が良いのでは?
打楽器を練習した方が結果として望むサウンドが出せるのでは?
敢えて薔薇の道を進む本当の理由は?

僕自身は、ヴォーカルのいるバンドでベースを弾く時はあくまで
ベースの役割を自分なりに全うしようとしているし、
とりあえず関わる音楽は全部好きな音楽だと思うようにしている。
それが無理な場合は次からフェードアウトな感じで。
そして好きになれる音楽であればこそ、覚えて演奏したい!

もちろんスケジュール的に無理な場合もあるけれど、
それをすることで、とりあえず自分は凄く幸せだし、音楽の
構造やアレンジ等も頭に入るし、何より耳以外に目もフル活用
できるので、一緒に演奏してる人やお客さんの様子を見ながら
演奏出来ちゃうんですね。

僕が見てきた格好いいミュージシャンの譜面見てる率はかなり
低いので、出来るだけ覚えて演奏したいんです。好きな音楽
なんですから当たり前なんだけど。
ベースに関してはちょっと普通からすると知りすぎた感があるので、
たまーにベースをはみ出ますが、個人的には許せる範囲だったりします(笑)。








posted by shinjibass at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事