2018年12月18日

数年ぶりにライブを観て来ました!

トリプルドラム、8人編成の最新版のキングクリムゾン。確かにドラム3人じゃないと出来ない音楽。お金のためだけに再結成してナツメロを繰り返す世の中の流れとは真逆の攻撃的な音楽。僕が最近のジャズやフュージョンバンドに感じていた不満に対する完璧な答えの一つとともに、想像を超える素晴らしい音楽でした。作曲、編曲、全てに関して予定調和ってなに?みたいな独自路線を突き進み、完成されたオーケストラであると同時に時には悪魔の様なメタルバンド、時にはハードなジャズバンドへと行ったり来たり。ここまでの表現をするには即興重視だと到底辿り着けないでしょう。それでいてしっかりロックバンド。50年の歴史は伊達じゃない!ロバート・フリップがこんなに凄い人とは知りませんでした。同じイギリスのバンドでも嘘で塗り固めた映画のヒットを利用して世界ツアーを決めたバンドがありますが、そんなナツメロショーにお金を払うくらいならキングクリムゾンを観に行きましょう!ロックの進化系が聴けますよ!!
posted by shinjibass at 17:30| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事