2017年04月23日

今年最初の機材の見直しはこんなところから。

ひょんなきっかけで使ってみたらしっくりきてる
のは、『Richter』ストラップなんです。
ベースを始めてから色々探し続けて、たどり着いたのは
結局良質の革のストラップでした。使い込むことで
フィット感も増すし、丈夫で見た目も良い。
とあるブランドのストラップで満足していたのですが、
考えてみれば、その革のストラップの場合、長さの調整に
苦労することが多く、色々工夫して使っていました。
かといって、質感や、見た目の問題で便利な他の素材に手をだす
気にもならなかったのですが、そんな不満を全て解消してくれます。
個人的に言えば、ストラップの長さを調節する方を一番短くする
ようにしながら、エンドピンに一番外側の穴を通した状態が今の
ベストポジションに。DSC_0023.JPG

革の質も最初から使い込んだ時に近い感覚で
楽器のフィット感がちょうどよく、ストラップ自体も軽いせいか
楽器が軽くなったように感じます。
後でその他のラインナップを見たところ、デザインや材質の
バリエーションも豊富なので、楽器や演奏スタイルにぴったりな
ストラップが必ず見つかることでしょう。
IMG_1859.JPGDSC_0009.JPG17264480_310139579401955_7939436706772290180_n.jpg

Richter(リヒター)のBeaver's Tail Croco(ビーバーズテイルクロコ)
9cm幅、長さ87-125cm、裏地マイクロファイバー、定価22,000円+税
http://www.otf-bass.com/beaver.html
posted by shinjibass at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事