2013年12月22日

大人の嗜み 〜その3〜

今回は音楽よりも、もっと重要なテーマについて。
食べ物と飲み物。

最近も放射線やら、表示の偽装等で話題にのぼる事も
少なくはないものの、日本という国の事情に関して言えば、
常に気が抜けない状況と言える。

と言うのも、個人的に知る限りになるが、
先進国の中では、日本がトップクラスのゆるさを
誇るのが食品に関する法律や、表示の義務で、
キノコや魚等、本当の名前ではない名前で売られて
いることがまかり通っているし、お酒に関しての
法律も緩いの一言に尽きる。

コンビニに並んでるものの中に、その他の先進国では
禁止されていたり、健康に悪いという事が常識的に
知られているモノがふんだんに使われていたり。

経済的な問題が、将来の自分や子孫の健康を無視する
原因になっている事があまりに多い。
もちろん、日本にもすごく食品の安全等に気を使っている
人達もいるし、日本以外の先進国でもお粗末な食べ物を
平気で売りつける企業も少なくない。

人は出来るだけ美味しくて、体が喜ぶものを食べたいと
思うのが当然だと思うのだけれど、経済的な問題や
供給量の問題で、簡単なことでは無いのが現状だ。

純粋に脳が喜ぶかとうか?という観点で考えると、
もしかしたら大手のチェーンやファスト・フードの
食べ物、コンビニの食べ物、インスタント等に軍配が
上がらないとも言えない。

誤解を恐れずに言えば、化学調味料がたっぷりの
食べ物は、麻薬に近い効果があると言える。
その強い味にならされてしまうと、本当は美味しいと
感じるべき、手作りの味を美味しいとは感じにくい
体になってしまう。

相手は大企業だけに、香り、味、見た目など、
多くの人が美味しいと感じてしまう食べ物を
信じられないくらいの安い値段で提供してくれる。

24時間やってたり駅の近くにあったり、ついつい
よって買ってしまう場所に、そんな店は沢山ある。
そういう店で買うなとは言わないけれど、そうい店と
真剣に食べ物の安全性や、食べる人の健康を考えている
生産者や販売店等がいることを、いつも頭の片隅に
おいておかなければ、後で痛い目にあうのは我々だ。

目先の安さや、手軽な喜びに負けてしまっては、
お先は真っ暗。まさに悪貨は良貨を駆逐するである。
更に言えば、大手の企業のほとんどは、資本主義に
のっとって、常に成長を目指す訳だけど、すでに
全国区のシェアをもつ企業は、人件費か材料費等を
削るくらいしか、成長の余地がなくなって来ている。
そんな企業の商品を買うのは2重の意味で自分、
つまり庶民の首を自分で絞めることになる。

音楽もしかり。

僕の尊敬するウィリー・ネルソンは、
ファーム・エイドというコンサートで集めたお金で
アメリカの無農薬の農家を支援する資金にしている。
国の法律を動かすのは時間と労力がかかり過ぎるし、
思わぬ敵を増やすかもしれない。
ウィリー・ネルソンのやり方はとても賢いと思う。


posted by shinjibass at 03:18| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント続けてすみません(≧∇≦)このミュージシャンは誰ですか?すごいかっこいい!聞いてすみません!
大好きなウィリーネルソンが、こういう活動をしているのは励みになりますね。
私達や子供達や生き物の病気は、土壌や薬から回って回ってきていますから。
瀬川さんのように医食同源も音楽も共通する所がある感覚の人と知り合えて嬉しいです!
Posted by Ann Fumi at 2013年12月30日 11:53
度々すみません。教えていただけませんかと聞いたのは曲名です。アーティスト名も分かれば嬉しいですが。ごめんなさい。
その1からの動画、曲名知りたいです。自分でも調べてみますので、お手数かけて申し訳ないですが、よろしくお願いします。
Posted by Ann Fumi at 2013年12月30日 12:16
すみません。気づかず放置してました。人気のないブログなので油断してました。彼はウェイロン・ジェニングスと言います。泣く子も黙るアウトロー・カントリーの最高峰の一人です。この曲はDon't You Think This Outlaw Bit's Done Got Out Of Hands という曲で、うっかりついた名前で本当にアウトロー的な行動をすると思われて、警察に疑われたときの実話をもとに書かれた曲です。ウィリー・ネルソンの最愛のパートナーでした。
Posted by shinzi at 2014年01月16日 03:22
返信ありがとうございます!
このyoutubeからの曲表示の仕方が今やっと分かりました。すみませんでした!
でもワクワクするようなコメントや、アーティストを更に好きになる詳しい内容のコメント頂けて嬉しかったです!
Posted by Ann Fumi at 2014年01月16日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事