2019年01月10日

大人の遊びの一環として

2/10に西荻窪のTerraで、さとうさちこさんというシンガーソングライターが
ジョニミッチェルナイトをやるということで、ベースを弾いて欲しいと頼まれまして、
しかも内容的にShadows and Light 多めということ。

本格的にベースを始めた時からジャコが大好きだった僕にとっては簡単な決断では
なかったですが、最近はカントリー歌手活動が多くなってきていて、ベース弾きとして
あまり見られなくなってきていたので、やって見ることに。

大好きなので、やるからには適当にはやりたくないんです。
かといって個人的にShadows and Lightぐらいからジャコの崩壊が
始まっているので演奏の内容的にはあまり関心できないという。

さとうさんにも、あのまま弾いちゃうと歌うの大変かもですよ?と
聞いて見ましたが、問題雨ないとのことでした。

トリビュートバンドにも懐疑的な印象しかない僕にとっては
自己否定にもなりかねない行為だったんですけど、じゃこに対する
個人的なお礼と、本当にShadows and Lightにおけるジャコの演奏が
ベース弾きとしてどうなのか?を検証するという意味でトライしよう
ということに決めました。

決めたら楽しいものです。
通常のライブの場合、その時の箱やメンバー雰囲気などに合わせて
音量や演奏を決めていくやり方で音楽を造っていくので、答えを探す
のが作業といった感じになるのですが、今回は答えは決まっています。

一つはそのままにトライすること。いわゆる完コピです。
ベースでこれをするのは、作業過程はすごく簡単で、実演が非常に難しい。
ベースラインのほんのちょっとした違いや、本人的に不本意であろう箇所
まで真似まくるわけで。かっこいいフレーズや素晴らしいアイデアは
バンバン頭に入るわけなんですが、?マークがつくフレーズや細かい
シンコペーションの違いはあっても音楽的にはそれほど影響しない箇所など、
譜面に書くのはそれほど大変じゃなくても覚えるのは大変です。

楽器始めたてのファン感覚であれば突進できるんでしょうけど、
40過ぎのおっさんにもなると、自分のベースプレイというものが
確立されてきているので、相手がたとえジャコであっても、ツッコミどころ
には突っ込まざるを得ません。めんどくさいという気持ちと、
自分も大人になったなーという甘酸っぱい?感覚が交互にきます。

そこでもう一つの方法ですが、いたこプレイ!
これは意図的にライブやレコーディングでもやる時があります。
今回の場合だと今ここにああの時のジャコがいたら?という
アプローチが適切と思われます。
そうすることで自分のフィルターを通したジャコという
デフォルメ的な存在を創り出せるので楽しさ倍増!!
唯一のデメリットは聴いてる人や、メンバーの持つジャコ像
と重なるかどうか?という点です。

ベース弾き以外にとってのジャコ像ってかなりざっくりしてて、
フレットレスっぽいサウンド(フレットレスじゃ無くても可)
時折聞こえるハーモニクス
サンバーストボロボロののジャズベース
こんな感じでしょうか?心のなかでピノやパーシー・ジョーンズ
を思い浮かべていても通用することは難しいです。

ざっくりと演奏することでそれっぽさは出せるんですけど、
それは個人的に許せないので、細かくなって行きます。
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権に近い感覚です。

とにかく僕がどんな演奏をするかは当日見た人だけが確認できます。
自身がある人は、どの曲はアルバムバージョンだったとか、
完コピは何曲あったとか、そういうのにチャレンジするのも
一興かもしれません。

とりあえず楽器に関しては、過去最高のそっくりサウンドの
ジャズベースを手に入れたので、すでに8割クリアです。
HumpBack Engineeringの戸田さん。
そしてコンデンサーソムリエの名取さん。
まだ終わってないけどありがとう。

ちなみにこのジャズベース、ライブの後に使い続けるかは未定です。
欲しい人にはチャンス有りかもですよ!!



posted by shinjibass at 15:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事