2018年10月17日

ご無沙汰してました!

Facebook、Twitter、Instagramなど手軽に
世の中に色々発信出来るツールがあったり
色々な理由でブログへの意識が遠のいた
のですが、一番の理由は、カントリーを
歌うようになって、自分の言いたいことは
歌を通して言えるようになったのが大きいです。

英語の歌なので、日本の皆さんにどれくらい
伝わってるかはさておき、毎回とても良い気分
になれます。政治、酒、男女関係、シリアスな
ものから、くだらないものまで。大人が大人
として違和感なく表現できる内容です。

カントリーを始めてから、どうしてカントリー?
といった質問を受けることが多いので、ここに
まとめて書いておこうと思ったんです。

2000年に東京に来てから色々なことが自分にも
周りにも、日本にも世界にも起こりました。
僕の目には日本の悪いところが改善できる
いいきっかけにも思えましたが、なかなか
そうもいかず。音楽や芸術、文化の価値観は
全く定まらず、不景気に負けてどんどんと
下品な方向に向かっています。

そしておそらくその方向は変えることは
出来ないでしょう。でも考えが違う人も
沢山いて、僕もその一人です。歴史とか、
伝統とか、しがらみとか、関係なく悪いもの
は変えるべきだし、変わらないとしても
変えるように働きかけるのは必要です。

でも、皆が政治家ではないので、選挙に行く
のは当然として、自分の仕事の中で世の中を
少しずつ変えていくことが重要なんじゃないか
と考えるようになりました。

まずは、近くの人を幸せにすること。
お金に負けて、ろくなことをしない連中が
儲かるような経済活動は避けること。
これが一番いいんじゃないかなと。

わかり易いものにはろくなものが無いという
ことを知ること。シンプルとわかり易いは違う。

そう考えた時に、僕は音楽家として
いわゆるポップスと呼ばれるものには
加担できない体になりました。

時代によって良いポップスがあるみたいな
屁理屈は無視するとして、必要以上のお金を
子供だましでもなんでもいいから稼ぐみたいな
感じのは完全にNGです。悪いとは言いません。
僕はもうやりたくない。

世の中のミュージシャンが、みなこんな考えに
なってくれたら、とりあえず、街で流れる音楽の
質がぐっと上がるだろうなー。

内容も世の中への影響が大きいものが
沢山出てくるだろうなー。いい意味で。

いずれにしても、今の日本で聴こえてくる音楽
のほとんどは、西洋音楽で、日本のものでは
ありません。よく英語圏の失礼な連中が、
どうして日本人なのにアメリカの音楽をやるの?
と聞かれますが、じゃあ日本語なら日本のなの?
そのレベルの人達にはそれくらいしか言えない。

たまに芸術の携わる人もそんなことを言うけど、
じゃあどこで区切る?どっちにしても僕の世代
周辺の人間は子供の頃からギターとピアノの
音楽聴いて育ってるんです。

確かに日本の音楽ではないというのは
どうしても逃れられない事実で。

でも良く考えると、フランス料理やりたいなら
フランスに行くだろうし、フランス語も覚える。
クラシックやるなら、ドイツ語は覚えるなど、
いわゆる本場であったり盛んな場所、そして
その国の言語は無視してはいけない。

で、僕はカントリーとか、ロックとか、
アメリカのルーツ音楽がやりたいので
英語を覚えました。まだまだ覚えることは
多いですが、一年で相当変わりました。

そのうち英語が出来ないなら、英語圏の音楽
は厳しいよねー。みたいな時代になって欲しい。
言葉の問題を超えて素晴らしいスキルの音楽家
がいることは知ってますが、本場からは本当のいみでは相手にされていないのが現実です。

真似は出来ても創り出せないのもそれが
一番の原因です。日本の〇〇はもうやめて。

ところが、世の中が子供っぽくなってるのは
世界中同じで、自分のサウンドを創っている
人よりもトリビュートバンドの方が人が
集まる時代です。どんどん昔の有名人が死んで
行くので、ライブでマスターピースを聞くなら
トリビュートバンドってことですね。

完全にクラシックと同じ流れを辿ってます。
ジミやジャコ、マイルスが生きていたら、
相手にもしないようなトリビュートバンドが
今後全盛を迎えると思うとぞっとしますが、
音楽家としても、10代に思い描くような
浅めの情熱で皆が喜んでくれるならそれは
それで良いかもです。

おかしげなポップスをやって子供から
お金を巻き上げるよりはましです。
書いてるうちに趣旨がどんどん変わって
きてますが、僕のブログなんで良いんです。

ビンテージ楽器の憧れにお金を使うより
現在の技術に投資したい。
ミュージシャンやスポーツ選手、起業家など
一人の人間が必要以上のお金を持つこと
本当にやめてほしい。
素人がプロを評価するのも悪でしかない。
お願いだから好きか嫌いかでよろしく。
なので、音楽評論家を名乗る皆様。最低でも
音楽の知識は身につけてください。
日本をもし誇れる国にするなら、僕らの
世代が良い思いをするのは諦めて、
真面目に勉強したり働いたりしましょう。
一刻も早く、政教分離を!!
食べ物、飲み物の法律をもっと厳しくして!
毒を沢山知らぬ間に体に入れたくない!!

こんなことを、手っ取り早く言えるのが
僕にとってはカントリーなんです。


posted by shinjibass at 22:19| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

今年最初の機材の見直しはこんなところから。

ひょんなきっかけで使ってみたらしっくりきてる
のは、『Richter』ストラップなんです。
ベースを始めてから色々探し続けて、たどり着いたのは
結局良質の革のストラップでした。使い込むことで
フィット感も増すし、丈夫で見た目も良い。
とあるブランドのストラップで満足していたのですが、
考えてみれば、その革のストラップの場合、長さの調整に
苦労することが多く、色々工夫して使っていました。
かといって、質感や、見た目の問題で便利な他の素材に手をだす
気にもならなかったのですが、そんな不満を全て解消してくれます。
個人的に言えば、ストラップの長さを調節する方を一番短くする
ようにしながら、エンドピンに一番外側の穴を通した状態が今の
ベストポジションに。DSC_0023.JPG

革の質も最初から使い込んだ時に近い感覚で
楽器のフィット感がちょうどよく、ストラップ自体も軽いせいか
楽器が軽くなったように感じます。
後でその他のラインナップを見たところ、デザインや材質の
バリエーションも豊富なので、楽器や演奏スタイルにぴったりな
ストラップが必ず見つかることでしょう。
IMG_1859.JPGDSC_0009.JPG17264480_310139579401955_7939436706772290180_n.jpg

Richter(リヒター)のBeaver's Tail Croco(ビーバーズテイルクロコ)
9cm幅、長さ87-125cm、裏地マイクロファイバー、定価22,000円+税
http://www.otf-bass.com/beaver.html
posted by shinjibass at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

今年最後の新兵器導入!SMOOTH HOUND the Classic Wireless Guitar System

今年も色んな楽器や機材を見たり導入したりして来ましたが、
最後に大ヒットが登場しました。
超簡単かつ、高音質のワイヤレスシステムです!!
個人的にはワイヤレスな状況にはほとんど縁が無かったのですが、
スタジアムで走り回るイメージ?
個人的にはブライアン・メイのように、自分の好きなケーブルを
無理やり使うような感じが好きだったのです(涙)。とにかく、
ここまで簡単で音も良しとなると話が違います。
メリットが多すぎて書ききれませんが、
・送信機が軽く小さいので、楽器に付けっ放しで気にならない。
・送信機の電源を切る時にノイズがでない。
・実はケーブルが気になるのは狭めなスペースなので、見た目すっきり。
・家での練習などで、ケーブルに引っかかって何かを倒すなどの事故が防げる
・受信機も携帯電話くらいなので、長めのケーブルよりも持ち運びが楽に。
・眉唾が多いケーブルの世界を気にしなくて済むようになる。
・思っているよりケーブルがフォームに影響を与えている。
などなど。

今の所存在するデメリットとしては
・送信機の電源を入れると、ボンッという音が出てしまう。(大きめの会場の時に
どれくらい影響があるかは追ってお知らせします。)
・送信機に使う単四電池の寿命が15時間。
・ここで絶賛している本人が、まだそれほどたくさんの場所で使った
わけでは無いので、未知数な点が多い。
(とは言っても、イギリスの友人のミュージシャンは既にあちこちで使用して
とりあえずライブ時にケーブルは2度と使わないと決めたようです。)
・日本での発売や値段が決まっていない。(そのうちなんとかします。)

大好きなケーブルでも、場所によって長さのバリエーションが必要になりますが
このワイヤレスなら、至近距離から野外では60メートル!!まで使えるそうです!
その他メーカーの同価格帯のものと比べての利点は使いやすさと軽さ、音質の良さでしょう。
おそらく日本円で3万円を切るか切らないかの値段になりそうですが、
これは本当に素晴らしいです!
https://www.facebook.com/SmoothHoundInnovations/
15722865_10209037343070602_534315550_n.jpg15749853_10209037343110603_1621169184_n.jpg15731558_10209037343590615_2105206577_n.jpg
posted by shinjibass at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事